平成30年4月1日から改正宅建業法の施行により、媒介契約締結時における建物状況調査(インスペクション)を実施する者のあっせんや、重要事項説明書・契約書における説明・記載事項の追加等が必要となりました。これらは、消費者が安心して既存住宅の取引を行える市場環境の整備を図る目的で法整備されたものです。

1.宅建業者が専門家による建物状況調査(インスペクション)の活用を促し、建物状況調査の普及を図る。

2. 建物状況調査の結果を活用した既存住宅売買瑕疵保険への加入を促進する。

↓↓ 国交省ホームページ ↓↓

http://www.mlit.go.jp/common/001201151.pdf#search=%27%E5%AE%85%E5%BB%BA%E6%A5%AD%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3%27

 

会社を広告し大きく魅せることは大切なことですが「安心」「保証」を前面に押し出してお客様の資産を売却する依頼を取付けている会社を悪く言うつもりはありませんが、どの業種でも同様に、よくよく考えればごく当たり前のことですが、「安心」「保証」が手厚いということは=(イコール)仲介手数料が高いということです。そして手厚い保証をする会社が提携する保証会社はほとんどが国内に数社しかない専門の検査・保証会社に丸投げしています。弊社では同じ検査・保証会社の同クオリティのサービスをオプションとして原価でご提案させていただいております。